エルセーヌ 食事指導

エルセーヌの食事指導

ダイエットを成功させるにはさまざまな角度からアプローチをした方が効果的です!食事だけ、運動だけというダイエットよりも食事と運動を同時に行った方が結果が出やすいのです。

 

エルセーヌでは施術・ホームケア・食事の改善の3つの柱を中心にサイズダウンと太りにくい体づくりの指導を行っているそうです。実際にコースに申し込んで通うことになると、食事指導を受けることになります。

 

自己流でダイエットをしている人に陥りがちなミスですが、極端に食事を減らすダイエットは代謝機能が低下してリバウンドする危険性が高いです。エルセーヌでは1日3食1500kcalを目安に和食中心で栄養バランスの良い食事を摂ることを指導しています。

和食中心の栄養バランスのいい食事を

 

栄養やカロリーはもちろん、食事を摂るタイミングも大切です。これから活動するためのエネルギーが必要な朝は炭水化物やビタミンを中心にバランスよく、外食しがちなお昼は野菜類を必ず食べるように心がけます。夕食は寝る前なので量を少なめにして、高タンパク低カロリーな食事にします。

 

バランスは朝5:昼3:夕2が理想だそうですが、最初は朝4:昼3:夕3朝3:昼4:夕3から始めていきます。

 

またお食事ノートをつけることで日々の食事内容を記入し、栄養素をチェックすることで何が足りないかが分かるようになります。毎日記録することで食事改善の意識が高まりますし、記入した内容をサロンでエステティシャンにチェックしてもらい改善点を指摘してもらいます。

 

食事の改善には出来るだけ手作りの食事をすることが勧められます。でも料理が苦手な人も中に入ると思います…。

 

そんな人でもコンビニのお惣菜を使った簡単レシピや電子レンジでできるお手軽レシピがあるので安心です!また外食時やコンビニ食のメニュー選びのポイントも指導してくれるそうです。

 

体験エステのカウンセリングでも食事のアドバイスは受けられるそうなので、どんな感じなのかまずは体験で受けてみるのも良いと思いますよ!

 

↓まずは体験エステでアドバイスを受けてみましょう↓

キツイ食事制限はある?

きつい食事制限はある?

無理な食事制限はストレスやリバウンドの原因になります。そのため、エルセーヌでは栄養のバランス・量・時間などを考えてアドバイスしてくれます。1日3食きちんと食べる無理のない食事指導なので、健康的に痩せることができます。

 

例えば、甘いものが大好きな人はケーキやアイスクリームの代わりに朝食にフルーツを食べるようにしたり、野菜が苦手な人はみそ汁に入れたり、肉類と一緒に炒めて食べるようにするなど。食事も和食中心に、外食になりがちなお昼は野菜類を必ず食べるようにするといったことも心がけるよう指導されます。

 

毎日の食事の内容は初回の時に渡される「食事ノート」に事細かに記録し、エステに行くときにチェックしてもらいます。食事ノートには食事の内容の他に睡眠時間や朝と晩に測った体重、半身浴をした時間なども記入します。

 

食事ノートはチェックされると赤ペン先生のように赤字でコメントが書き加えられます。「ここを野菜に替える」とか「これをたんぱく質に替えてみる」といった感じで具体的なアドバイスを貰えるので、分かりやすいのが良いですね。

 

食事は朝は多め、夜は少なめのメニューにするというのがエルセーヌの方針です。これは一般的な食事制限のダイエットにも共通しています。

 

夜はついついボリュームの多い食事を取りたくなりますが、夜はエネルギーを使いませんし、寝る前なので少なめにした方がダイエットには効果的です。それでもどうしてもおなかが空いてしまうという人は、食事の前にサラダボウル1杯分の野菜をノンオイルで食べる、という方法もあります。

 

また、ついつい夜食を食べてしまう人は夕ご飯を食べたらすぐに歯を磨くと食欲を抑えられますよ。

1日に必要な摂取カロリー

1日に必要なカロリーっていくらくらい?

一般的に成人が1日に必要な摂取カロリーは1800〜2500kcalと言われています。しかし実際には性別、年齢、ライフスタイルなどによって大きく異なるためあまり正確とは言えません。

 

年齢を重ねるほど体内の代謝は悪くなるので、基礎代謝は減っていきます。また女性は男性に比べて体が小さいため、基礎代謝量は少なくなります。

 

摂取カロリーの基準値を求めるには身長から平均体重を算出して、標準体重に活動量をかけることで計算できます。日本人女性の平均身長は154.2cmなので、この身長から算出される標準体重は52.3kgとなります。

 

標準体重を算出する計算式は「身長(m)×身長(m)×22」です。

 

次にこの標準体重に体重1kgあたりに必要なカロリーをかけるのですが、座っている時間が長い場合は体重1kgあたり25〜30kcalをかけることになります。その結果、平均的な日本人女性が1日に必要な摂取カロリーは1307〜1569kcalということになります。

 

エルセーヌで指導している摂取カロリーの目安は1500kcalなので、決して無理な目標設定ではないということが分かります。

 

ただ、いきなり「摂取カロリーを設定して制限する」というとハードルが高いので、現在の摂取カロリーを把握してそこから減らしていった方が無理なくダイエットをすることができます。

 

また、朝食や昼食の量を減らすよりも夕食の量を減らした方が痩せやすいです。満腹感を得るために食事の前に野菜ジュースを飲むなどの工夫をしたり、肉を食べることが多い人は魚を意識して食べるようにするなどすれば、カロリーと一緒にコレステロールや脂質を減らすことができます。

 

カロリーコントロールもこうした知識があれば、無理をして失敗することも少なくなるでしょう。