エルセーヌ 解約

解約するには?

解約するにはどうすればいい?

エルセーヌの体験エステを受けて効果を実感してコースを契約したけれど、事情があるなどで解約したい場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

基本的に契約日から8日以内であればクーリングオフが適用されます。クーリングオフとは契約を交わした後、8日以内であれば無条件でその契約を解約できる制度です。

 

これはエルセーヌに限ったことではなく、キャッチセールスや訪問販売など様々な契約に対して適用される制度です。エルセーヌでクーリングオフを申請する人のほとんどは体験コースを受けてその流れで契約してしまったけれど、家に帰って冷静になってみたらとても払える額じゃなかった…という人が多いようです。決して安い金額ではないので、その時の勢いで契約してしまわず一旦家に帰ってじっくり考えるなどするといいでしょう。

 

クーリングオフについてはエルセーヌのサイトにも記載があり、きちんと対応してくれます。家に帰ってから「やっぱり考え直したい」となった場合は早めに申請しましょう。

 

またクーリングオフ期間が過ぎてしまってからでも中途解約ができます。ただしその際は解約手数料が発生します。解約手続きをすると、まだ施術をしていない分の料金から解約手数料を差し引いた金額が返金されます。解約手数料は2万円、もしくはまだ施術していない分の料金の10分の1のどちらか、金額が少ない方が適用されます。

 

もし中途解約で悩んでいることがある場合は、国民生活センターに相談すると言う方法もあります。国民生活センターや消費者相談に行ったことで解約することができたという人もたくさんいるので、もしもの時はそうしたところを頼ってみると良いでしょう。

 

クーリングオフは消費者に与えられた正当な権利です。泣き寝入りなどすることの無いように利用していきましょう。

クーリングオフの方法

クーリングオフとは、契約をしたあと頭を冷やして冷静に考え直す時間を消費者に与え、一定期間内であれば無条件に契約を解除することのできる特別な制度です。クーリングオフができる取引は、訪問販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引、特定継続的役務提供などがあり、エステはこの特定継続的役務提供に当たります。

 

脱毛や痩身などのサービスで、期間が1か月、契約代金が5万円を超える契約については「特定継続的役務提供」に該当し、店舗で契約を結んでいても、法定書面を受け取った日から8日間はクーリングオフを行うことができます。

 

クーリングオフの通知は必ず書面で行います。電話などではできません。

 

ハガキなどの書面に以下の内容を記載して、控えのために書面の両面のコピーを取った上で「特定記録郵便」または「簡易書留」などの記録が残る方法で送ります。なお、ハガキのコピーと郵便局の受領書は5年間大切に保管しておきましょう。

 

《クーリングオフ通知書に記載する内容》

  • 契約年月日
  • 商品名(コース名など)
  • 契約金額
  • 販売会社名
  • 住所
  • 電話番号
  • 担当者名(分からなければなくてもOK)
  • 発信日
  • 自分の住所
  • 自分の氏名
  • 返金振込口座

また一番上にはタイトルとして「通知書」、「次の契約を解除することを通知します。」と記載します。分からないことがあれば国民生活センターなどに聞いてみましょう。投函した日が8日以内であれば良いので、速達で送る必要はありません。

 

クーリングオフをすると契約は解除され、支払ったお金は返金されます。解約料などを払う必要はありません。クーリングオフを申し出る時は「契約を解除したいんですが…」などといったあいまいな表現ではなく、一方的にこちらから「解除します」と申し出ることが大切です。

 

また解約理由を告げる必要もありません。書面で通知することで、不要なやり取りをすることもありません。サロンに出向いて「解約したいんですが」と言う必要もありません。

 

もし、押しが弱くて軽い気持ちで体験エステに行ったら契約してしまいそう、という人はクーリングオフ制度という制度があるので大丈夫です。