ダイエット 運動苦手

運動が苦手な人におすすめのダイエット

運動が苦手な人におすすめのダイエットは?

ダイエットして痩せたいけど、運動は苦手…という人も多いと思います。そんな運動嫌いな人におすすめのダイエット法をご紹介します。

 

運動嫌いな人ほど痩せやすい?

実は運動が嫌いで全くしてこなかった人ほど、ちょっとした運動でもその負荷によって代謝が良くなり、痩せやすくなるというデータがあるのです。

 

スポーツが苦手な人の方が、トレーニング時に筋肉にかかる負荷が大きくなり運動効果が大きいため、痩せやすいのだそうです。そのため、体力トレーニングを正しく行えば意外なほど短い時間、少ない回数で効果が得られるのです。物足りないくらいの運動量で劇的に痩せることができるというのは驚きですね。

 

ハードな運動は必要ない!というのは運動嫌いの人にはうれしいですね。では、どんなことをすれば痩せられるのでしょうか?

 

良い姿勢で座る

なんときちんと姿勢を正して座るだけでダイエット効果があるのです。デスクワーク中や、食事中の自分の姿勢を思い出してみてください。理想の形は、横から見てきれいなL字になっている状態です。

 

正しい姿勢とは、左右の重心が均等で肩の高さが水平、横から見た時に肩の中心と耳たぶ、くるぶしが同じラインにある、膝がまっすぐに伸びている、というのがポイントです。注意したいのは、胸を張るのではなく肩甲骨の下あたりを前に突き出すことを意識してみてください。

 

正しい姿勢で座るには、まずイスに深く座り、背中と背もたれの間をあまり空けないようにします。腰は曲げずにしっかり立たせ、背筋もしっかり伸ばします。次にあごを少し引き、おなかを引っ込めます。そして膝頭の位置が股関節と同じかやや高くなるようにし、足裏全体を床に付けます。

 

腰を立たせ、背骨を引き上げることで筋肉が一気に使われるのでエクササイズ効果もあります。きちんと座るということは骨の矯正にもなり、血液やリンパの流れなども良くすることができます。逆に悪い姿勢は筋肉をこわばらせて凝りの原因になるばかりでなく、痩せにくい身体にもなってしまいます。

 

たとえばこんな姿勢で座っていませんか?

 

足を組む

足を組んで座っていると骨盤を歪ませてしまいます。骨盤どころか、脊柱も歪ませてしまうので、子宮もぐにゃっとよじれてしまいます。

 

Cの字で座る

Cの字で座るとは、イスの背もたれに持たれながら浅く座っている状態のことです。長時間デスクワークをしている人は、疲れてくるとこのような姿勢になってしまうことがあります。この姿勢で座ると骨盤は開き、お尻は大きくなり下腹も出る原因となります。

 

力が入らないので筋肉が衰え、ボディラインがみるみる悪くなってしまいます。また体重が腰の方へ落ちるため、腰を痛める原因にもなります。

 

猫背になっている

デスクワークなどでパソコンの画面を集中して見ていると、ついつい猫背になったりしていませんか?人間の体は助骨や内臓が体の前側にあり、常に前方向に重みがかかっているので猫背は楽な姿勢です。

 

「楽な姿勢=筋肉を使ってない」ということです。筋肉が使われていない部分は代謝が悪くなり、脂肪が溜まっていきます。リンパの動きも悪くなるので老廃物が溜まり、より代謝が落ちて脂肪を溜め込みやすい体になってしまいます。

 

反り腰になっている

反り腰と言うのは、上半身が後ろへ反ることで腰が反って、お尻が突き出たような状態を言います。例えば、壁を背にしてまっすぐ立ったり、固い床に仰向けに寝た時、腰と壁や床の間に手が入ると、反り腰になっている可能性が高いです。

 

反り腰になっていると重心が後ろにあるので、腰に負担がかかって腰痛や、股間節痛、坐骨神経痛、肩こりなどの原因になります。さらに反り腰になると下腹部が前に押し出されるので、ぽっこりおなかになってしまいます。さらにお尻が垂れたり、横に広がるなどの原因にもなります。

 

座り方の癖を改善するには長い時間が必要です。姿勢が悪くなっていると感じた時で良いので、徐々に自分の座り方を直していきましょう。

 

ながら運動

ながら運動とは何かをしながら行うことのできる運動です。例えば、バス停や駅で待っている間にバッグを持ち上げたり下したりするなどの簡単なものでOKです。他にも掃除をしながら屈伸したり、歯磨きをしながらつま先立ちをしたりするだけでも効果はあります。

 

何かをしながら運動をするだけなので、わざわざ運動をするために時間を作る必要もないので気軽に始められそうですね。

 

ストレッチ

激しい運動が苦手な人は、ストレッチから始めてみてはいかがでしょうか?ストレッチはゆっくりした運動ですが、筋肉を伸ばすことで新陳代謝が高まり、脂肪が燃焼されてスッキリしてきます。運動量は多くありませんが、呼吸をゆっくり吐きながらやると運動量を増やすことができます。

 

逆立ちダイエット

年齢を重ねると、どうしても内臓を支える筋力も衰えて内臓全体が下がってしまいます。少しずつ内臓が下がってくると、ぽっこりおなかになってしまいます。そこで、逆立ちをして内臓を元の位置に戻すのが逆立ちダイエットです。内臓が正しい位置に戻ると、歪んでいた骨盤の位置も修復してくれます。

 

逆立ちは1分間。朝晩の1日2回でダイエット効果が期待できるので、運動嫌いな人でも無理なく続けられますよ。逆立ちをするときは食事の直後は避けるようにしてください。

 

8時間ダイエット

8時間ダイエットとは、食事をする時間を1日8時間に限定するだけという簡単なダイエット法です。例えば朝8時に朝ご飯を食べたら、16時までに食事を済ませ、それ以降は水分のみで過ごします。

 

時間帯は自由なので、朝食を遅くして10時〜18時という風にしてもOK。ただし極端に夜型にはせず、18〜19時までに食事を終わらせるようにしましょう。食事に関する制限はほとんどありませんが、極端な食べ過ぎや高カロリー、バランスの悪い食事は避けましょう。

 

カロリーを意識して減らす必要はないので、食べたいものを食べたいタイミングで食べることができます。しかし栄養を摂ることも大切です。特に赤身肉や大豆製品など、良質なタンパク質は積極的に摂るといいでしょう。

 

なお、8時間以外は水分しか摂ることができませんが、アルコールは含まれません。8時間以内ならOKですが、それ以外の時間はアルコールは控えましょう。8時間以外に飲んでいいのは水やお茶など糖分やカロリーがないものだけです。ジュースもNGです。

 

しっかり水分補給することで代謝が良くなり、デトックス効果も高まります。ただし冷たい水は体を冷やしてむくみなどの原因となってしまうので、なるべく白湯や常温の飲み物にした方が良いでしょう。

 

 

自分に合ったダイエット法で無理なくダイエットを続けましょう!