ダイエット 食事 タイミング

太りにくい食事のタイミング

太りにくい食事のタイミングがある!

ダイエットを始めると、カロリーばかりを気にして食事の内容を考えていませんか?もちろんダイエットにとってカロリーは重要なポイントです。摂取カロリーが消費カロリーを上回っていれば、一向に痩せることはできません。食事のカロリーが運動のカロリーをオーバーしてしまうと、脂肪となってどんどん太ってしまいます。

 

でも、一生懸命ダイエットをしようと思ってカロリーを控えていてもなかなか痩せなかったり、逆効果だったりすることもあります。なぜこんなことが起こるのかと言うと、「太る食べ方」をしているからなんです。

 

では、「太らない食べ方」とはどんな食べ方なのでしょうか?実は食事を取るタイミングによって太りやすい時間と太りにくい時間があるのです。

 

食事には血糖値が重要

「太らない食べ方」のポイントは、規則正しく食べることです。体は体内時計のリズムに合わせて活動と休憩を繰り返しています。活動している時に食べると消費しやすく、休憩している時に食べると太りやすくなります。

 

そして、活動と休憩のカギが「血糖値」です。血糖値とは血液中の糖濃度のことで、血糖値が上がると太りやすく、血糖値が下がると痩せにくくなります。つまり血糖値が下がったタイミングが「太りにくく痩せやすい」ポイントです。

 

血糖値が下がるのは1日3回

血糖値が下がるタイミングは1日に3回あります。

  • 1回目・・・6〜7時ごろ
  • 2回目・・・10〜11時ごろ
  • 3回目16〜17時ごろ

 

人によって差はありますが、一般的にはこの時間帯に血糖値が下がると言われています。血糖値が下がると胃酸がたくさん出て食欲がわいてきます。すると脳の摂食中枢が動き出して、エネルギーを補給するように体を促します。この時間帯に食事を取ると、摂取したエネルギーはすぐに脳や体を活性化し、余分なエネルギーを脂肪として溜め込むことが少なくなります。

 

「夜遅い時間帯に食べると太る」というのも血糖値が関係しています。夕方あたりの時間帯に食べるのがベストと言われているので、深夜に食事を取るのはあまりいいことではありません。ただ、仕事をしていると夕方夕食を取るのはなかなか難しいですよね。そんな時は夜の9時までなどルールを決めておくといいでしょう。さすがに夜10時以降は体に脂肪を溜め込みやすくなるのであまりおすすめできません。

 

また、甘いものが食べたい時は朝にしましょう。朝は血糖値が1日のうちで一番下がりやすく、脳も活性化していません。この朝の時間帯に甘いものを食べればその日1日の活動のエネルギーになりますし、糖分がすぐ脳のエネルギーとして使われ、余分なエネルギーが出ません。夜食べてしまうとエネルギーの使い道がないので脂肪として蓄えられてしまうので、ダイエット中は極力控えた方が良いでしょう。