置き換えダイエット 効果

置き換えダイエットは効果ある?

置き換えダイエットは効果ある?

置き換えダイエットは手間もかからず簡単に始められるので人気ですが、果たして効果はあるのでしょうか?

 

置き換えダイエットとは、普段の食事をダイエットに効果的な食品に置き換えるというシンプルなダイエット法です。普段何も気にせず食べている食事の内容を見直してみると、意外と高カロリーだったり、栄養が偏ったりしていることに気付くと思います。こんな食事を続けていたら太るのは当然です。

 

そこで、1日3食のうちの1食を置き換えることでカロリーダウンを図り、ダイエットをしていこうというわけです。

 

かつては卵やリンゴ、バナナダイエットなどが流行りましたが、最近ではさまざまなダイエット食品が開発されているので、栄養バランスの取れた置き換えダイエットをすることができるようになりました。

 

また置き換えダイエットはその特性上、リバウンド率が高いといった落とし穴があります。リバウンドせずに置き換えダイエットを成功させるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

置き換えダイエットで痩せられる理由

置き換えダイエットとは読んで字のごとく、食事を低カロリーな食べ物に置き換えて一日の摂取カロリーを減らしていくダイエット方法です。しかし置き換えと言っても、3食すべてを低カロリーな食べ物に置き換えるわけではなく、1日1食か2食を置き換えるのが主流となっています。

 

なぜ食べるものを変えるだけでダイエットができるのかと言うと、それは脂肪が余分なカロリーによってつくものだからです。

 

カロリーは人間の体を動かすためのエネルギーです。ただし、わたしたちは食べ物からカロリーを直接摂取しているわけではありません。カロリーとは、体を動かす時に体内で燃焼作用が起きて初めて生じるエネルギーです。

 

なお、体を動かす=運動という意味ではありません。心臓が動いているのも、呼吸をするのも、頭を働かせるのもカロリーを消費して行っています。カロリーは人間の体に必要不可欠なものなのです。ですが、カロリーの消費量が摂取量を下回ると、脂肪として体内に蓄積されてしまいます。

 

そのため低カロリーな食べ物を食べる置き換えダイエットは、摂取カロリーよりも消費カロリーが多い状態にしたり、エネルギーが足りない状態にして蓄えられた脂肪をカロリーに変換することで痩せることができるのです。

 

置き換えダイエットがうまくいかないのはなぜ?

一見簡単そうな置き換えダイエットですが、多くの人が挑戦してみるものの失敗してしまうのです。また、置き換えダイエットを頑張って続けて痩せてもリバウンドしてしまう人も大勢います。なぜこのようなことが起きるのでしょうか?

 

ダイエット食品=太らない食品?

置き換えダイエットに限ったことではありませんが、そもそも「ダイエット食品」と言うものを勘違いしている人もいます。ダイエット食品は「食べても太らない食品」ではありません。

 

せっかく置き換え食を食べても、他の食事もしっかり食べてしまっていたら痩せることはできません。もちろん普通の食事と比べるとカロリーは低いのですが、栄養価もそれなりに高いのでカロリーもそこそこあります。「カロリーゼロ」ではないのです。

 

あくまで普段の食事と置き換えることでやせることができるので、小腹が空いた時やおやつ代わりに食べて、さらに普通に3食食べてしまったら痩せることはできません。

 

満腹感が重要

置き換えダイエットでは1食分低カロリーな食事に置き換えているので、置き換える食品によっては物足りなさを感じることもあります。満腹感を得られず、空腹をずっと我慢している状態が続くとストレスが溜まって、そのストレスが爆発すると反動でたくさん食べてしまう危険があるのです。

 

ダイエットが続かない最大の理由は「食べられないこと」です。食べたいものを食べられないダイエットはストレスが溜まります。ストレスが溜まるとダイエットはうまくいきません。そのためストレスが溜まらないように、置き換える食品は慎重に選びましょう。

 

置き換え食を選ぶときに重要なのは満腹感です。満腹感が得られないと、次の食事まで空腹をひたすら耐えなければなりません。そんな辛い思いをしているとダイエットは長く続けられないので、満腹感を得られて、腹持ちの良い食品を選ぶようにしましょう。

 

また、おいしくない置き換え食も長続きさせるのは難しいので、自分がおいしいと感じられるもの、長く食べ続けても苦にならないものを選ぶのもポイントです。

 

ダイエットに成功しても油断は禁物

頑張って置き換えダイエットを成功させたとしても、油断は禁物です。なぜなら置き換えダイエットはリバウンドしてしまう可能性が高いのです。

 

置き換えダイエットは栄養価を管理し、カロリーをコントロールするダイエット法なので、今まで食べ過ぎていた人や食生活のバランスが崩れている人に向いています。しかし、摂取カロリーを減らして痩せたとしても安心してはいけません。大切なのはその効果をキープさせることなのです。

 

人の体は飢餓状態になると吸収率が上がるので、特に極端な置き換えダイエットを行った後はリバウンドしてダイエットを始める前より体重が増えてしまうこともあるのです。置き換えダイエットから元の食生活に戻す時は注意が必要です。いきなり食事を戻すのではなく、徐々に体を慣らすようにしていきましょう。

 

また、完全に元の食事に戻してしまうのではなく、できるだけ高タンパク・低カロリーの食生活を維持することで太りにくい身体を作り上げることができます。

 

 

置き換えダイエットは正しい方法で行えば効果のあるダイエット法です。間違った方法や、無理なダイエットをせずに、正しい方法で長く続けられるように心がけましょう。また、ダイエットに成功してからもリバウンドしてしまわないように気を付けることも大切です。

 

リバウンドを防ぐためにも、置き換えダイエットだけに頼るのは危険です。根本的な食生活の見直しや、軽い運動を取り入れるなど、他のダイエット法とも組み合わせることでダイエットを失敗させないようにしましょう。