ダイエット 太りやすい生活習慣

ダイエットにNGな太りやすい生活習慣とは?

ダイエットにNGな太りやすい生活習慣とは?

どんなにダイエットをしてもなかなか痩せられない、またすぐに太ってしまうという人は、生活習慣に問題があるかもしれません。もしこれから紹介するNGな生活習慣に当てはまる場合は、生活習慣の改善をした方が良いかもしれません。

 

外食が多い

外食が多く自炊をしていない人は、太りやすい体質になっている可能性が高いです。

 

外食はカロリーが高い傾向があります。毎日外食をしているという人は、1日の摂取カロリーをオーバーしているかもしれません。脂っこいものや甘いものばかりを食べていると、基礎代謝が悪くなってしまいます。血流の流れも悪くなってしまうため、体脂肪が蓄積されやすくなっています。

 

外食が多いなと思う人は、なるべく自炊をするようにしましょう。

 

朝食を食べない

朝は時間がないからと言って朝食を抜いていませんか?

 

朝食には基礎代謝を上げたり、エネルギーを補給したり、食べ過ぎを抑える効果があります。エネルギー不足が続くとどんどん太りやすくなってしまいます。朝食はしっかり食べるようにしましょう。

 

食事の時間が不規則

食事時間が不規則になっている人ほど太りやすい体質になりがちです。

 

ランチタイムが遅くなると、自然と夕食も遅くなってしまいます。夜はエネルギーの消費量が少ないので、遅くなればなるほど脂肪を溜め込みやすくなります。夜10時以降は特に脂肪を溜め込みやすくなるので、なるべく9時までに夕食を食べるなどルールを決めておくといいでしょう。

 

睡眠時間が少ない

睡眠時間も長さも太りやすさに大きく影響しています。

 

睡眠時間が少なければ少ないほど、体の機能が低下してしまいます。体の機能が低下すると、脂肪燃焼の働きも弱くなってしまいます。仕事が忙しく睡眠時間を確保するのが難しいという人も多いと思いますが、最低7時間は睡眠時間を取りたいですね。

 

理想としては、夜10時〜2時の時間帯はベッドに入るのがおすすめです。成長ホルモンが分泌され、消費カロリーを大きくしてくれます。

 

運動不足になっている

仕事をしていると運動をする機会が減ってしまいますよね。運動不足だと筋肉量が少なくなるため、基礎代謝も低下してしまいます。そのためエネルギーが消費されにくくなり、脂肪が溜まりやすくなっていきます。

 

筋肉量が増えると基礎代謝も上がるので、痩せやすい体質に改善することができます。運動が苦手な人でも、ウォーキングやストレッチなど軽めの運動を取り入れるようにしましょう。

 

水分不足になっている

太りやすい体質の人ほど体の中に老廃物や毒素を溜め込みがちです。老廃物をスムーズに排出するためにも、水分をこまめに摂取するようにしましょう。1日1〜1.5リットルは水分を取りましょう。

 

姿勢が悪い

背筋を伸ばして姿勢を正しく保つことは筋肉を緊張させ、基礎代謝の向上や引き締め効果など、自然と痩せる体質を作ることにつながります。逆に猫背や反り腰などで姿勢が悪いと使われるはずの筋肉が使われなくなってしまうため、脂肪や老廃物が溜まりやすくなってしまいます。

 

さらに姿勢が悪くなると骨盤も歪んでいきます。骨盤の歪みは内臓下垂や消化・排泄機能の低下を引き起こし、便秘やぽっこりおなかの原因になってしまいます。

 

姿勢を良くするだけでもスタイルは良くなります。少しずつでもいいので、できる範囲で良い姿勢を心がけましょう。

 

ストレスが溜まっている

ストレスを感じると脳は糖分を欲しがり、安心感を求めるため満腹感を得ようとします。その結果、暴飲暴食をしたり糖分を摂り過ぎてしまいます。

 

また、ストレスを抱えていると体内でストレスホルモンが分泌され、脂肪燃焼や代謝率が低下してしまいます。その結果、あまり食べていなくても太りやすい体質になってしまうのです。

 

ストレスは溜めないのが一番です。食べる以外のストレス解消法を見つけるようにしましょう。

 

周囲に太っている友人が多い

自分の周りに太っている友人や恋人・兄弟がいると、自分の肥満傾向も高くなると言う調査結果があるそうです。これは、一緒に生活するうちに食事や運動などの習慣が似てくるため、体型まで似てきてしまうのです。

 

身近な人物は比較対象になるため、友人にスリムな人が多ければ自分も痩せようという意識が自然に生まれます。しかし、逆に太った人が多いと自分も太っても構わない、という安心感を持ってしまいます。

 

絶対に痩せてキレイになりたい!と言う人は、理想の体型のモデルさんや女優など具体的な目標を立て、強い意志でダイエットに取り組んでいきましょう。