ダイエット 空腹を抑える

空腹を抑えるコツ!

ダイエット中、空腹を我慢することはストレスになりますよね。
そして、何といっても”自分との戦い”が辛い…。
ダイエット成功のためには、空腹は乗り越えなくてはいけません。

 

 

『背中のお肉を何とかしたい!』『二の腕を細くしたい!』『お腹がぽっこりしてきた』
でも、お腹が空いて何か食べたい…と、空腹を我慢するってとても大変で、辛いですよね。

 

 

そこで、こちらのページでは”ダイエット成功へのポイント”でもある、空腹感を抑えるコツを伝授いたします!

 

空腹感を抑える方法

 

歯磨きをする

 

寝る前に食べてしまうと太るというのは分かっていても、我慢できない…なんてことありますよね。
そんな方にオススメなのが、”歯磨き”をすることです。

 

歯磨きをした後は口の中がすっきりします。
口の中がすっきりすると、食べ物を食べたいという気持ちが抑えられます。

 

歯磨きは毎日しますし、簡単に始めることができます。
”無駄な食欲”がわいてきてしまったとき、試してみてください。

 

ポイントは、”念入りに歯磨きをする”ということです。

 

 

どうしても我慢できなくなったら、コレ!

 

人間ですから、食欲に負けてしまうことも…
どうしても食欲が抑えられない、ということもあります。

 

そんな時は、”低カロリー・低糖質”のものを食べます。

 

例えば…

 

きゅうり

 

きゅうりを1本25カロリーほどですが、歯ごたえがあり満足感も得られます。
お腹も膨れるので、ダイエット中は食欲対策に買っとくのもいいかもしれません!

 

するめ

 

するめは王道ですよね。
一度は聞いたことがあると思います。

 

するめは歯ごたえ抜群で、ずっと噛んでいることができます。
そして、味もしかっりしているのでダイエットの味方と言えますね!

 

ただ、すぐに飲み込んでしまっては意味が無くなってしまいます。
ゆっくり、よく噛んで食べましょう。

 

 

そして、他にも春雨やサラダ、鶏のささみ・胸肉、そして海藻など…
とにかく低カロリー!低糖質!のものを選び、空腹を回避しましょう!

 

 

ご飯はゆっくり食べる

 

食べ物は、ゆっくりとよく噛んで食べることで、少量でも満腹感を得ることができます。

 

それを利用して、食事の半分を食べたら20分休憩を挟んで、残りの半分を食べるという方法があります。

 

食事の合間に20分の休憩を入れることで、より早く満腹感を得られます。
そして、ゆっくりと時間をかけて食べることによって、暴飲暴食を防ぐこともできます。

 

ポイントは、途中でお腹いっぱいになったら、その時点で食べるのをやめるということです。
無理に食べず、残すことも大切ということです。

 

今回ご紹介をした方法は、全て今日からでも始められる簡単な方法です!
ぜひ、気軽に始めてみてください。

 

急激なダイエットは、リバンドにつながります。
そして、肌荒れや体の不調を招きかねません。

 

無理せずに、身体に良いダイエットを心掛けましょう!