ダイエット食品 痩せない

ダイエット食品だけじゃ痩せない!?

ダイエット食品だけじゃ痩せない!?

カロリーを気にしてダイエット食品を食べている人も多いと思いますが、実はダイエット食品を食べているだけでは痩せることはできません!

 

そもそもダイエット食品と言うのは「食べていれば痩せられる食品」ではありません。カロリーが低い、脂肪がつきにくい、脂肪が燃焼しやすい、などなどの謳い文句がダイエット食品にはありますが、当然食べれば食べた分だけカロリーは摂取しているので、ダイエット食品を食べているからといってそれだけで痩せることはありません。

 

また、「ダイエット食品ならいくら食べても太らない」なんてこともあり得ません。普段の高カロリーな食事に置き換えて同じ量を食べるのであればカロリーを減らすことになりますが、同じだけカロリーを摂っていたら痩せることはできませんし、普段の食事+ダイエット食品なんて食生活を送っていたら、かえって摂取カロリーが増えてしまいます。

 

ダイエット食品は正しく食生活に取り入れなければ効果は得られません。それでは正しいダイエット食品の食べ方をお教えします。

 

基本は1日1食置き換え

ダイエット食品には普通の食品よりもカロリーが低いけれど栄養バランスが取れていて、満腹感が感じられるものが多いです。そのため、ダイエット食品でダイエットを成功させるなら普段の食事に置き換えると効果的です。

 

とは言ってもすべての食事をダイエット食品に置き換えてしまうと体調を崩してしまいます。基本は、1日1食、慣れてきたら1日2食の置き換えにしましょう。食事を置き換えることで1日の摂取カロリーがコントロールでき、カロリーの取り過ぎを抑えることができます。

 

置き換えるなら夕食がおすすめ

置き換えダイエットで一番効果的なのが、夕食をダイエット食品に置き換える方法です。夜はエネルギーを消費しないので、脂肪を蓄積しやすくなっています。夜はそれほどカロリーを摂取する必要がないので、カロリーの低いダイエット食品に置き換えるなら夕食がおすすめです。