デスクワーカーのダイエット

デスクワーカーのダイエット

デスクワークをしていると、運動不足になりがちです。

 

肥満の最大の敵である運動不足。立ちっぱなしでも座りっぱなしでも同じ体勢でいると、血流が滞って体が浮腫むため太りやすい体質になる他、最悪の場合動脈硬化を引き起こしてしまうかもしれません。

 

とはいっても、座ってする仕事の場合、合い間に軽くストレッチはできるもののそんなに頻繁に席を外すことはできません。

 

そこで、座ったままできるダイエットをご紹介します。

 

姿勢はそのままでOK

 

かかとを上げ下げする

とても簡単な方法ですね。座ったままかかとを上げる、かかとを下げるを繰り返すだけです。
ひざの角度を直角にして真っ直ぐ上げ下ろしすると効果的です。これは、脚のむくみ予防にもなります。パンプスで出勤し、室内履きに履き替え、帰りにパンプスを履こうとしたらきつくなっていたという経験はありませんか?

 

適度に水分をとる

水にはカロリーがありません。体重を減らしたいのなら、水分をとることも大切です。
水分をとることは、新陳代謝の促進にもつながるため喉が渇いていなくても意識して水分をとることを心がけましょう。

 

腹式呼吸を意識する

人間は肺で呼吸しますが、横になったとき(眠っているとき)は腹式呼吸になります。
鼻から息を吸うと、お腹が膨らむ腹式呼吸になります。腹式呼吸をすると、リラックス効果が得られ、力が抜けます。また、意識してお腹を膨らませることで腹筋を使うため腹式呼吸は肥満予防になります。

 

背筋を伸ばして背筋・腹筋を意識する

姿勢をよくすると、使うべき筋肉に自然と力がはいるため、綺麗な姿勢になり軽い筋トレにもなります。
特に腹筋と背筋はバランスよく鍛えることが大切なので、意識してみましょう。