クレンズダイエット

クレンズダイエットとは

クレンズダイエットとは?

海外セレブや芸能人を中心に人気な「クレンズダイエット」。何となく聞いたことがある人もいると思いますが、一体どんなダイエットなのでしょうか?

 

クレンズダイエットとは基本的にファスティングダイエットと同じ手法のダイエットです。食事の代わりに100%天然素材の野菜ジュースを飲むだけというシンプルな方法で、しかも短期間で大きな効果があるとして注目を集めています。

 

クレンズダイエットというと一般的に「ジュースクレンズダイエット」を指していることが多いですが、ジュースではなくあたたかいスープを食事代わりに飲む「スープクレンズダイエット」というものもあります。

 

でも、「ダイエットなのにジュースを飲んでいいの?」「ジュースだけだと栄養が偏って不健康にならない?」など気になっている人も多いと思います。では、ジュースクレンズダイエットのしくみや効果について説明していきましょう。

 

クレンズダイエットの効果

クレンズダイエットで飲むジュースは「コールドプレスジュース」というもので、お砂糖たっぷりの市販のジュースとは違います。コールドプレスジュースはコールドプレス製法という方法で作られた果物や野菜の水分だけでできているジュースです。

 

市販のジュースは濃縮還元のものとストレート製法の大きく分けて2つの種類があります。どちらの製法もほとんどの場合加熱・殺菌処理を行っているので熱に弱いビタミンCや酵素が壊れてしまいます。それに対してコールドプレスジュースは低速回転のジューサーで材料を熱さずにしぼっているので、ビタミンCや酵素が壊れずたっぷり摂取することができるのです。

 

クレンズとは「浄化」と言う意味です。100%天然素材の野菜ジュースを飲むことでカリウムを豊富に摂取することができ、ナトリウムを排出できるのでデトックス効果が得られるのです。ナトリウムが排出されると体内の水分が同時に排出されるため、むくみの解消にもなります。

 

またクレンズダイエットをしている間は固形物を消化する必要がないため、おなかの調子が整い便秘も解消され、内側から体型をスッキリさせることができます。短期間ですぐに痩せることができますが、健康のためにも実施期間は長くても3日間にしておきましょう。

 

クレンズダイエットの方法

クレンズダイエットを行う時は、準備期間(3日間)→クレンズ期間(3日間)→復食期間(3日間)の計9日間で行います。

 

準備期間

まずはクレンズダイエットをする準備をします。水を1日1リットル以上必ず飲みます。常温か白湯で飲むようにしましょう。食事は脂っこいものは避け、和食中心にします。これを3日間ほど行います。

 

クレンズ期間

4日目から3日間は飲み物だけを飲むようにします。朝起きたらまずコップ1杯の常温の水を飲みます。食事は摂らず、クレンズジュースと水だけで過ごします。ジュースと水以外は口にできないため、空腹を感じたら平すらジュースを飲んでおなかを満たします。

 

クレンズジュースは1日2リットル以上飲みます。1日5本ほど、8時、11時、13時、16時、19時といった具合に5回に分けて飲みます。クレンズ期間中は水分が体外に排出されやすくなるので、カフェイン、アルコール、炭酸飲料は避けましょう。また脱水状態にならないためにクレンズ期間中でも水はこまめに飲みましょう。

 

復食期間

3日間のクレンズ期間が終わっても、急に元の食事に戻してはいけません。7日目の朝は重湯だけにして、昼・晩はお粥と具なしの味噌汁で済ませます。お粥は米14に対して10の量の水で作ります。梅干しをプラスしてもOKです。

 

8日目の朝はお粥と野菜をたっぷり入れたスープにしましょう。昼は温野菜サラダをプラスしてみましょう。夜は固形物にしても大丈夫です。お茶碗半分くらいのごはんと、お味噌汁やひじき、納豆など胃腸に優しいものにします。

 

最終日の9日目は、朝は軽めにご飯と味噌汁、納豆、冷奴など。昼はうどんやそばなどにしましょう。具材は肉やてんぷらは避け、消化に良いものを選びましょう。夜はごはん、味噌汁、煮物など魚や肉を除いた和食中心の食事にします。

 

10日目からは普通に食事をして大丈夫です。

 

コールドプレスジュースの作り方

クレンズダイエットは食事をコールドプレスジュースに置き換えて行いますが、特殊な製法のコールドプレスジュースは都内にも限られた場所でしか購入することができません。近くに取扱店がない場合はネット通販で購入することもできますが、価格も1本1000円前後となかなか高価なのでできれば手作りしたいという人も多いと思います。

 

コールドプレスジュースは低速ジューサーという専用のジューサーが必要です。普通のミキサーでは歯が高速回転するときに材料い熱が加わってしまうので、栄養素が壊れてしまうのです。低速ジューサーは2〜3万円台と少し値が張りますが、一度購入すれば手軽にいつでも自分でコールドプレスジュースが作れるのであると便利ですね。

 

では、おすすめのコールドプレスジュースのレシピをご紹介します。

 

ほうれん草・キウイ・グレープフルーツのジュース

ダイエットにおすすめのレシピです。

材料

ほうれん草:60グラム
キウイ:1個
グレープフルーツ:1個

作り方

1.ほうれん草とキウイを一口大に切り、グレープフルーツは皮をむいて小房に分けます。
2.すべて全ての材料を交互にジューサーに入れて絞ったら完成。

 

リンゴとレタスのジュース

便秘解消に効果的なレシピです。

材料

りんご:1個
レタス:2枚

作り方

1.リンゴは皮つきで一口大に切り、レタスはひと口大に手でちぎります。
2.すべての材料を交互にジューサーに入れて絞ったら完成。

 

バナナ・黄パプリカ・セロリのジュース

デトックスに効果的なレシピです。

材料

バナナ:1本
黄パプリカ:1個
セロリ:1/2本

作り方

1.バナナ、黄パプリカを一口大に切ります。セロリは筋を取ってからひと口大に切ります。
2.すべての食材を口語にジューサーに入れて絞ったら完成。

 

クレンズダイエットの注意点

クレンズダイエットは短期間で大きな効果が得られるのですぐに痩せたい人にはぴったりのダイエットですが、体重が減ったからといって脂肪が燃焼して痩せたわけではありません。

 

クレンズダイエットは天然素材100%のジュースを飲むことでナトリウムと水分を排出し、むくみを解消したりデトックスして痩せていくため脱水状態にあります。ジュースを飲んでいるからといってジュース以外の水分を摂らずにいると脱水症状に陥ってしまう危険があるので、こまめに水を取るようにしましょう。

 

ジュースクレンズを行う時は最長でも3日間にしてください。専門家の指導などなく3日以上続けると、体調を崩してしまう恐れがあります。またクレンズダイエットを行っていると好転反応と呼ばれる体がだるいと感じることがあるかもしれません。

 

耐えられないほどつらい時は無理せず中断して、またの機会に改めてチャレンジしてみてください。初心者の人は最初から1日3食置き換えようとせず、1日1食の置き換えから始めてみるのもいいでしょう。